女子教育女子教育

女子学生の理系進学に影響を与える要因 山田進太郎D&I財団が調査!!

公益財団法人山田進太郎D&I財団はデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社の協力を得て、大学1-2年生の女子520名(文系:278名、理系:242名)を対象に『女子学生の理系進学における障壁と要因に関するアンケート調査』を行い、その結果を公表した。

 調査では、日本において女性が大学入学時に理工系学部を選ぶ割合が低い背景に着目。特に文系を選択して大学に進学した女性の幼少期からの経験や育った環境、学校、親族などの要因を中心に分析し、なぜ理系を選ばなかったのか、女性の理系選択に影響を与える要因を明らかにした。なお、調査では、文理選択の意思決定状況をもとに、「理系進学者(理系志望と理系グレーゾーン)※」、「文系進学者(文系志望と「文系グレーゾーン)※」にそれぞれ分類して分析している。

 調査結果によると、女子学生の中で「理系進学・就職にメリットを感じる」かどうかと、「得意な理系科目があること」が、文理選択や文理選択の前段階である中3の時点での文理の考え方(理系志望、理系グレーゾーン、文系志望、文系グレーゾーン)に強く影響を与えることが判明した。

続き・・・

この記事を書いた人

ESN英語教育総合研究会

ESN英語教育総合研究会

ESN英語教育総合研究会は、次世代の英語教育ファシリテーター育成を支援するためのポータルサイトです。関東と関西を中心とした全国規模の研究会の実施や、教材や授業実践などの情報交換を通して全国の先生方のネットワークの構築を目的としています。英語教育に関わる各種研究情報や研究員のブログなどを配信いたします。

この記事と同じカテゴリーの記事

NEWS

教育機関でのオンライン英会話活用法を大公開!無料ウェビナー6月22日(土)開催

NEWS

相模女子大学主催:各教科における探究型学習の実践~国際バカロレアの理論を踏まえて~

女子教育

第14回女子教育研究会FEN 「なぜ、ウェルビーイングを「幸せ」と訳すだけでは足りないのか?」 女子教育におけるWell-beingを考える 概要

  • ESN Facebook
  • STUDY

研究情報カテゴリの記事

第14回女子教育研究会FEN 「なぜ、ウェルビーイングを…

女子教育研究会FENで労働政策研究・研修機構JILPTの…

女子教育研究会FEN 第13回オンライン学習会

女子教育研究会FEN 第12回オンラインイベント 「女性…

いつのまにか ”探究している”時間になる そんな実践型の…

女子教育研究会FEN オンラインイベント No.11 「…

『探究・PBLコーディネイター研修』(第2期)のご案内!…

女子教育研究会FEN 第10回オンラインイベント 「働く…

女子学生の理系進学に影響を与える要因 山田進太郎D&I財…

「「働く」ということとジェンダー」!!