• HOME >
  • 英語教育 >
  • 「話す英語」試験 中1、2導入 新年…
英語教育

「話す英語」試験 中1、2導入 新年度から!!

都教育委員会は、都内の公立中学3年生向けに導入した英語のスピーキングテストについて、新年度から対象を1、2年生にも広げる方針を固めた。新年度当初予算案に関連経費約35億円を盛り込む。

 スピーキングテストは今年度の都立高入試で初めて導入され、3年生約7万人が受けた。都教委は、英語を使いこなして世界で活躍できる人材を育てるためには、継続的に「話す」能力を培う必要があると判断し、1年生からの実施を決めた。

 1、2年生が受けるテストは学習の到達度を確認することを目的とし、高校入試の合否には用いないという。学年末をめどに、各中学校で行う方向で調整する。

 合わせて都は新年度に「英語力の東京」を掲げ、英語教育関連の予算を今年度の69億円から倍増させる考えだ。小学校では外国語指導助手(ALT)の活用を拡充し、高校では都立高生約200人を海外に派遣する事業などを展開する。

続き・・・

この記事を書いた人

ESN英語教育総合研究会

ESN英語教育総合研究会

ESN英語教育総合研究会は、次世代の英語教育ファシリテーター育成を支援するためのポータルサイトです。関東と関西を中心とした全国規模の研究会の実施や、教材や授業実践などの情報交換を通して全国の先生方のネットワークの構築を目的としています。英語教育に関わる各種研究情報や研究員のブログなどを配信いたします。

この記事と同じカテゴリーの記事

英語教育

アーサーの英会話「No thank you. 」ネイティブは使わない!?

英語教育

高校リード問題集 リスニングA 発刊!!

NEWS

エクストリーム教員研修|国際教育ナビFes

  • ESN Facebook
  • STUDY

研究情報カテゴリの記事

いつのまにか ”探究している”時間になる そんな実践型の…

女子教育研究会FEN オンラインイベント No.11 「…

『探究・PBLコーディネイター研修』(第2期)のご案内!…

女子教育研究会FEN 第10回オンラインイベント 「働く…

女子学生の理系進学に影響を与える要因 山田進太郎D&I財…

「「働く」ということとジェンダー」!!

女子教育研究会 第9回 学習会  2023年8月19日(…

女子教育研究会 第8回 オンラインイベント 「これからの…

どうなる?DX時代の英語教育ウェビナー

女子教育研究会第8回学習会6/17